コンスタンチン・リフシッツ(ピアノ)
Konstantin Lifschitz(Piano)

ロシア生まれ。5歳でモスクワ・グネーシン特別音楽学校に入学。その後にロシア、英国、イタリアで、アルフレード・ブレンデル、フー・ツォン、レオン・フライシャー、ロザリン・テューレック、チャールズ・ローゼンなどに師事。
1995年ドイツ・エコー・クラシックの年間最優秀新人賞を獲得。1996年にリリースされたCDは、グラミー賞にノミネートされ、評論家エドワード・ロススタインは、それをニューヨーク・タイムズ紙で「グレン・グールド以来、最もパワフルなピアノ演奏」と賞賛している。
室内楽の演奏家としても積極的に活動しており、ギドン・クレーメル、ミーシャ・マイスキー、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチなどと共演している。
コンスタンチン・リフシッツ