ル・ポン国際音楽祭2014 姫路・赤穂 Le Pont International Music Festival Ako & Himeji 2014

概要

名称

ル・ポン国際音楽祭2014 赤穂・姫路
(Le Pont International Music Festival Ako & Himeji 2014)
ル・ポン(LePont)とはフランス語で架け橋を意味します。

目的

赤穂・姫路と縁がある世界的なヴァイオリン奏者の樫本大進氏から、ヨーロッパにおいて演奏家の出身地やゆかりの地で開かれている聴衆との距離の近い手づくりの音楽祭を開催できないかとの提案を受け、2007年秋に「赤穂国際音楽祭2007」、2008年秋に「ル・ポン姫路国際音楽祭2008」を開催。 以後、赤穂市と姫路市で交互に開催してきましたが、2012年(平成24年)に初めて両市で共同開催しました。

特徴

  1. 樫本大進氏(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団第1コンサートマスター)を音楽監督とし、    同氏と親交のある世界の実力派の演奏家(以下「招待演奏家」という)による室内楽の楽曲(ソロ又は数人程度のアンサンブルによって演奏される曲)演奏を中心としたプログラムとします。
  2. 招待演奏家による演奏会を赤穂、姫路ならではの場所で、低料金にて開催する。
  3. 音楽祭の運営に多くの市民ボランティアの参加を得て、演奏家と聴衆、市民とのさまざまな交流機会を創出する。