ル・ポン国際音楽祭2018 赤穂・姫路 Le Pont International Music Festival  Ako & Himeji 2018

関連イベント

姫路会場

ホリデープログラム

日時   2018年10月14日(日)   [開演] 13:30予定(tentative)

場所  兵庫県立大学 姫路環境人間キャンパス講堂

出演1:姫路市ヴァイオリン教室

プロフィール
昭和41年、姫路市児童文化センター(現市立面白山児童センター)に開講した「姫路市ヴァイオリン教室」は、音楽に親しみ、芸術文化を体験する場として、50年にわたり多くの子ども達を迎え入れ、卒業生は400人を超える。小学1年〜6年生までの子ども達が、6年間継続したグループレッスンを受けながら、技術の向上に努めるとともに、県民文化普及事業への出演や姉妹都市との交流音楽祭など、他団体とも広く交流を図っている。
曲目
ヴィヴァルディ/ヴァイオリン協奏曲 イ短調 Op.3-6 第1楽章
宮崎琴月(夕日)・草川 信(夕焼け)/夕・夕 メドレー
シューベルト/軍隊行進曲
ボワェルデュー/バグダッドの太守序曲
グノー/アヴェ・マリア
シャーマン兄弟/「メリーポピンズ」より スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス



出演2:姫路ユースアンサンブル

プロフィール
昭和62年春、姫路市ヴァイオリン教室修了生有志の「もっとヴァイオリンアンサンブルを楽しみたい。」という希望により結成。年に1度の定期演奏会開催や市民文化祭への参加に向けて日々練習に励んでいる。
曲目
ヘンデル/アレグロ(ソナタ1番 変ロ長調より)
ウェルドン/組曲 序曲・メヌエット・アルマンド・クーラント・終曲
久石 譲/「天空の城ラピュタ」より 君をのせて



出演3:“YEAH”Quartet

プロフィール
現役藝大生による弦楽四重奏。グループ名はメンバーの名前の頭文字を合わせ結成。
親しみやすい身近な曲から、一度は耳にしたことのあるクラシックまで、メンバーら自身による編曲や即興を混じえながら、熱い演奏を行っている。
曲目
メンデルスゾーン/弦楽四重奏曲 第2番

栗林くりばやし 衣李えり(ヴァイオリン)
長野県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。かながわ音楽コンクール、彩の国ストリングコンペティション最優秀賞。チェコ音楽コンクール第2位、KOBE国際音楽コンクール優秀賞。現在、玉井菜採、植村太郎各氏に師事。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部3年に在学中。
萩原はぎわら 安里紗ありさ(ヴァイオリン)
沖縄県出身。3歳よりヴァイオリンを始める。これまでに岡田光樹、篠崎功子、香西理子、杉江洋子の各氏、現在野口千代光氏に師事。第40回琉球新報コンクール第1位、第25、26回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選、入賞。第5回K国際音楽コンクール優秀賞受賞。奨学金を得て国内外のセミナーを受講し修了演奏会に出演。一般社団法人京一商西京同窓会奨学生。京都堀川音楽高校を経て現在、東京藝術大学3年に在学中。
桂田かつらだ 光理ひかり(ヴィオラ)
兵庫県出身。第16回日本演奏家コンクール弦楽器部門第一位。第18回姫路パルナソス音楽コンクール弦楽器部門入賞。2017年小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト参加。2018年8月ウィーン国立音楽大学サマーセミナー受講、演奏会出演。ヴィオラを、ザザ・ゴグア、山本由美子、市坪俊彦、百武由紀の各氏に師事。東京藝術大学音楽学部3年に在学中。
梶原かじわら 葉子ようこ(チェロ)
兵庫県姫路市出身。8歳よりチェロを始める。これまでに野田祐子、北口大輔、河野文昭に師事。現在、苅田雅治に師事。これまでに、なら国際音楽セミナー、霧島国際音楽祭のマスタークラス、エッタール夏期国際アカデミーの各セミナーを受講。第20回パルナソス音楽コンクール入賞。兵庫県立姫路東高等学校を経て、現在東京藝術大学音楽学部3年に在学中。