アーティスト

Artist

ソプラノ
スンヘ・イム

韓国生まれ。ソウル大学でパク・ノギョンに、カールスルーエ音楽大学でローランド・ヘルマンに師事。2000年エリザベート王妃国際音楽コンクールのファイナリスト。

1999年にフィリップ・ヘレヴェッヘ指揮のコンサートでセンセーショナルなデビューを果たし、「弱冠23歳の韓国人のモーツァルト・シンガーが聴衆を魔法にかけた」と新聞紙上で絶賛された。

2000年フランクフルト歌劇場にてオペラデビュー。

2001年から2003年までハノーファー州立歌劇場専属。

古楽から20世紀の音楽まで、幅広いレパートリーを持ち、ルネ・ヤコブ、チョン・ミョン・フン、フィリップ・ヘレヴェッヘ、リッカルド・シャイー、ケント・ナガノ、ヘルベルト・ブロムシュテット、フランス・ブリュッヘン、イヴァン・フィッシャー、トン・コープマン、ズビン・メータなどの著名な指揮者のコンサートにソリストとして招かれている。

オペラ歌手としては、ミラノ・スカラ座、ベルリン国立歌劇場、ベルリン・ドイツオペラ、パリ国立オペラ、フランクフルト歌劇場、王立モネ劇場、ハンブルグ州立歌劇場、シュトゥットガルト州立歌劇場、韓国国立劇場など世界の主要な歌劇場で活躍している。

レコーディングも活発に行われており、ソロアルバムとして「オルフェオ」、最新作の「見棄てられたディドーネ~カンタータとアリア集」が出ているほか、「レクイエム」(フォーレ)、
「アグリッピナ」(ヘンデル)、「魔笛」、「イドメネオ」、「皇帝ティートの慈悲」(モーツァルト)、「マタイ受難曲」、「ロ短調ミサ」、「クリスマスオラトリオ」(バッハ)、「天地創造」(ハイドン)などの録音にソリストとして参加している。