アーティスト

Artist

ヴィオラ
ギャレス・ルベ

ギャレス・ルベ

南アフリカ生まれ。

ヴァイオリニスト、オーバートーン・シンガーであり、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカそしてアジアにおいてソリスト、室内楽演奏者として活躍している。

4歳からピアノとヴァイオリンを学び、9歳でオーケストラと共演しヴァイオリン奏者としてデビュー。

その後も国内や地域のコンクールで数々の賞を獲得。 ドイツのライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席ヴィオラ奏者として数年間活躍した後、フォルクヴァンク芸術大学の教授となり世界中から集まったヴィオラの生徒のために教室をもつ。

南アフリカのステレンボッシュ祭、フィンランドのクフモ祭、イギリスのパーベック祭など、数々の音楽祭に奏者、また教育者として定期的に招かれている。オーバートーン・シンガーとしても高い評価を受け、世界各地で公演とワークショップを開催している。

卓越した作曲家たちが彼の声のために作品を書き下ろしており、その歌声はラジオ、映像用だけでなくコンピューターゲーム用にもレコーディングされている。